高血圧患者の男性

高血圧には、この薬

高血圧患者さんが服用するお薬の種類と、服用中に体内で起こる作用について詳しくご紹介します。また、賢く高血圧治療を行なっていくために役立つ情報も随時このサイトで記事として追加しておりますので是非ご覧ください。

高血圧治療薬の種類と成分ごとの違い

生活習慣病に対する意識が高まったことを受けて、その予防や治療についての理解も高まってきました。その中でも筆頭にあがるのが高血圧であり、自覚症状を伴わないことが多い疾患として多くの人に恐れられるようになっている生活習慣病です。根本的な治療を行うためには生活習慣を見なおす必要があるものの、長期的な治療になることも多いのが事実です。しかし、血圧が高い状態を放置してしまうと様々な合併症のリスクが高まることから、高血圧治療薬として降圧剤が用いられるのが基本的な治療方針となっています。高血圧治療薬は古くから開発が進められてきており、成分によって異なる作用を示すものがあります。カルシウム拮抗薬やβ遮断薬は以前から用いられてきたものであり、強力な降圧作用を示すことに加えて心臓に対する作用があることから、心臓の負担を軽減する効果を示すことが知られています。一方、近年開発された高血圧治療薬としてレニンーアンジオテンシン系に作用するものがあります。アンジオテンシン変換酵素阻害薬やアンジオテンシン受容体拮抗薬がその代表的なものであり、降圧作用に加えて腎臓の保護作用があることから糖尿病患者の治療によく用いられるようになっています。これらはいずれもレニンーアンジオテンシン系において作用するものの、アンジオテンシン受容体拮抗薬はアンジオテンシン変換酵素阻害薬によくある副作用である空咳が生じないということがメリットとなり、より頻繁に使用されるようになりつつあります。また、個々の成分によって特異な作用を有するものもあり、状況に応じて使い分けが行われたり、併用が行われたりしている現場も多くなっているのが現状です。

高血圧治療薬を通販ショップで賢く購入しよう

日本国内において高齢化社会が進んでいることも原因であると考えられますが、高血圧症の症状が現れている人が増えていると言われています。
高血圧を改善できる医薬品としては、ノルバスクという薬があり、世界中で処方されています。ノルバスクはポピュラーな治療薬で、日本の厚生労働省でも1993年に認可されている薬ですので、歴史の古い高血圧治療薬として高い信頼性を得ています。ノルバスクについては医療機関を受診することで、処方してもらうことが可能で、血管を広げる作用があることから血流を改善させることができます。
いくつか存在している高血圧治療薬の中でも、ノルバスクは第一選択薬となっており、服用することによる動悸や頭痛などの副作用が発生しにくい点が特徴と言えます。安全性が高いことがわかっている医薬品ということで、高血圧を発症している患者に多く処方が行われています。ノルバスクに含まれている成分としては、アムロジピンがあり、カルシウム拮抗薬に該当します。カルシウムが血管内に侵入することを防ぐことによって、血圧が高くなることを改善させる効果があります。近年ではインターネット上で、個人輸入の方法によって取り寄せた医薬品を販売している通販サイトがありますので、パソコンやスマートフォンを持っている人であれば、手軽に購入することが可能です。
医療機関を受診した際には、初診料や再診料などが発生することになりますが、医薬品の通販サイトから購入するときには、それらの医療費がかからないメリットがあります。ネット上で運営を行っている個人輸入の代行業者によるサイトであれば、ノルバスクの価格は3500円から4000円ほどで購入することができるので、医療機関を受診したときよりも経費を節約させることが可能です。

低血圧と高血圧、どちらが辛く治しづらいのか

血圧が正常値から外れてしまうことによって身体に負担がかかることになってしまいます。高くなってしまった場合には高血圧、低くなってしまった場合には低血圧となり、その原因は遺伝や生活習慣であることもあれば、他の疾患が原因で二次的に引き起こされる場合もあります。二次的に引き起こされている場合にはその原因疾患の治療によって改善を見込むことができますが、生活習慣が原因となっている場合には食生活を見なおしたり、運動習慣をつけたりといった様々な取り組みをしていく必要があり、高血圧でも低血圧でも長期的な治療への取り組みが必要になります。同じ血圧の疾患ではあるものの、その症状には大きな違いがあります。高血圧はそれ自体に自覚症状がないことが多く、患っても自覚できないことが多々あります。一方で、低血圧ではめまいや頭痛などの症状が必ず伴うことから、一度患ってしまうとすぐにでも治したいという気持ちに駆られるほど辛い生活になることも珍しくありません。その結果として、高血圧も低血圧も治しづらい疾患ではあるものの、低血圧の患者の方がより積極的に症状の改善に向けて取り組むことになりやすく、治療にかかる時間が短くて済むことはよくあります。高血圧の患者の場合には自覚症状がないことから生活習慣の改善への取り組みを疎かにしてしまいがちだからです。しかし、低血圧の場合にも症状を抑えるための治療薬が有効性を示すことが多く、それによって症状がうまくコントロールされていると根本治療が遅れることになる場合もあります。治しやすさという点では個人の取り組みがどれだけ積極的に行われるかということが最も重要な要素となるのが血圧にかかわる疾患です。

●血圧のコントロールに適している成分が含まれている医薬品で脱高血圧
プロプラノロール